忍者ブログ
映画の正しい鑑賞方法を知らず、捻くれたまま映画を観続ける残念な怪獣がアレコレ愚痴りまくるブログです。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 ボクは2年以上、新作を発表していない、というのは、前日の日記にも書いた通り。
 しかし、そんな閉塞された状況から抜け出す、というのは周囲から見ればほんの些細な、しかし当事者にとってはとてつもない大事件が起これば実は余りにも容易いことなのだ。
 そんな、大事件が、先日起こった。

 カリートさんのブログサイト「Bottle Ship」にて(http://bin-bune.jugem.jp/?eid=684)、「パワプロ小説礼賛」という批評記事の第7回目に、ボクが5年以上前に書き上げ捨てた、掌編小説「バンダナ」が取り上げられていたのだ。 ボクがどんなに震え喜び、また「バンダナ」を書いた当時、どんな心境だったかは、カリートさんの当該日記のコメント欄を見て頂ければ分かるかと思う。正直、今の今でも、頭ン中は真っ白だ。

 なぜ、行き成りこんな単発的な記事を書いているかというと、メールアドレスを知らないカリートさんに、この場で御礼が言いたいのです。ボクが、ボクの成り行き任せな判断で、作品を捨て去ったのにも関わらず、其れをヒョイッと拾い上げ、今日まで大事に大事に愛撫してくださったこと。そして、作品のデータすら残っていないボクに、「バンダナ」の本文を提供してくださったこと(極端に言ってしまえば、所有権はカリートさんに移行していてもおかしくないのに)。

 本当に、ここ最近、カリート親分にはお世話になりっ放しで、いやはや不思議な浮遊感に見舞われている気分です。ボクの中で何かが吹っ切れました。吹っ切れた、というのはボクが抱いていた「六本木優希」という、男に対しての捉え方。「鬼がいる!」のようなロクも良いのですが、アレではあまりにも作者の独善が走り過ぎているのではないか。いや決して悪くは無いと思うが。しかし、「六本木優希」は、やはり「バンダナ」の世界が似合っているし、必然とされているのではないだろうか。

 じゃあ、たまには地獄で堂々巡りするよりかは、ノッキン・オン・ヘヴンズ・ドアするのも一興(それもヤバイ気が)。カリートさん、重ね重ねですが本当に有難うございました。目指すべき場所が、決まりました、やっと。
 尤も、それに気付くのにも4年以上を有しましたが。かなりの廻り道でした。

 さっそく、季節はずれの蚊と格闘しながら、構想と執筆に挑もうかな。

拍手[0回]

PR
 お久しぶりです。ファッキン怪獣です。今年のバレンタインデーにDARESIA賞をサイトで更新して以来の、ゴズィラの生存アピールです。いえい、ボクは、ボクは、まだ生きてるのだ。
 日々は物流職で体を生温く動かし、週末は相も変わらず映画三昧。9月末現在で、171本の新作映画を鑑賞し、3年連続の200本越えも射程圏内で、ボクは勝手に悦に浸るのであった。といっても、邦画・洋画のベスト1はほぼ不動になりつつある。邦画は原恵一の「カラフル」。洋画はヤン・イクチュンの「息もできない」で決まりだ。よく分からないという人は勝手に調べてみておくれ。

 何はともあれ、第5回目のDARESIA賞をより充実した内容にすべく、新作映画漁りに余念の隙間もヘチマも無い、ゴズィラさんなのであった。

 あれ、小説は???

 はい、ゴズィラという怠惰な怪獣は、自称:小説書きとしているものの、サイトで発表した近作は2年前以上の「チネチッタ」。それ以来、納得の行く新作らしい新作は出しておらず、更に今年に入り、仕事が忙しくなったのもあり、余計に執筆状況が滞っている。ロクさんこと六本木優希が、登場人物を蹂躙しまくる、悪夢のような小説「鬼がいる!」もなかなか進んでおらず(実はもう1本、息抜きがてら準備中。そちらは掌編程度)。

 そんな中、ボクが「雲の上の存在どころか、大気圏に突入してしまった御人」と崇めてやまない、カリート親分から、なんと小説関連のバトンを受け取ってしまって、さぁ大変。まさに、"ミニにタコ"とはこういった時に似合うのでありんすね(不謹慎)。指の震えが止まらんぜよ。だって、カリートさんってあのカリートさんだぜ? パワプロ小説書き全てから全幅の信頼と羨望を寄せ集めまくる、いわば現役最強の男なんだぜ?
 そんな漢(おとこ)が、ボクにだ、2年以上新作を発表していない&あまり評価のされていない、4流くらいが丁度良いヘッポコチンなボクに、小説関連のバトンを指名されてしまったのだ。どんな意図があるのか、さっぱりなのだが、これは「渡してやるで、答えるからには、貴様は小説書きを改めて自負したとみるから、さっさと新作書いて、投げ捨てて、俺にものの見事に斬らせろ!」という魂胆があるのは、まず間違いないのだ(笑)。
 だから答えなければならない。早く答えて、作品を書いて、カリート親分にボクのドM魂を、まざまざと見せ付けねばなるまい。

「さぁ、答えるぞ。だから待ってろ。何でも良いから、1本書いて、即座にサイトに上げてやる。叩き切れ、"貴様はやはり、小説なんて書くに値しないろくでなし"だと、ボクを無残に屠ってみせろ!!」


作業環境バトン

【まずはお名前をどうぞ】

・ご、ご、ゴズィラです(緊張)。由来は言わずもがな。ボクの小さい頃からの憧れ。名古屋の今は無き名宝会館には、毎年必ず、初日に映画を観に行ってたのだ。初回上映、立ち見含め1200人の熱気の中で。

【文章書きさん? 絵描きさん?】

・主にオリジナル創作小説に打ち込んでいた時期もありました。いつか、いつか、必ず、映画批評という道に逃げ込んでやるのさ、へっへっへ。……2年以上、胸を張れる新作が書けてません。生まれてすいません。

【作業環境(パソコンやケータイなど)をどうぞ語ってください】

・やはりパソコン。デスクト~ップ。最近はケータイ小説なんかが流行っていて、どうも手軽に小説が書けるかららしいが、そもそもメールの打ち込みが苦手なボクは、逆に書きにくいったらありゃしない。しかも、ケータイの狭い画面にちまちま書いていたって、作品全体の創造なんて上手く出来っこないのだ。これからもパソコンで頑張る。いろんな何かを。

【これがないと文章もしくは絵が描けない!!って物は?】

危機感。あと、ボクは小説の力より、映画の力を信じる本末転倒な性格の為、その観点から様々な創作的角度を学びたいので、とにかく映画を観る、という行為を継続させることで何とか意識を保っている具合。

【作業用BGMはありますか?】

・作業用は無い。作業中は聞かないのだ、集中できんから。する前に、ガァ~っと聴きまくってインスピレーションやら、イメージやらを膨らますようにしている。すなわち、作業前BGMならある。最近ではキタノ映画のサントラをよく聴く。「ソナチネ」やら「キッズ・リターン」やら「HANA-BI」やら。ボクはジブリの久石より、こっち派。

【おすすめの作業環境は?】

・無音。何も食べず、何も飲まず、何も喋らず。深夜、窓の外をまばらに走る自動車に刹那な哀愁を抱きつつ、ワードにひたすら愚文を連ねるのだ。

【最後に「この方の作業環境を知りたい!」って方を三人どうぞ。アンカーでも可です。】

・じゃあ、アンカーで(爆)。 

 というのは、嘘で。そうですねぇ、答えてくれるかどうかは分かりませんが、ドリックさんと青龍さんとかもねぎさんで。


 以上です。カリートさん、御指名ありがとうございました。

拍手[0回]


【第4回DARESIA賞・特設ページ、気まぐれに製作中】

・もう暫く、お待ちください。既にmixiでは発表してしまいましたが、洋画のベスト10が若干変更になり、邦画洋画ベスト10入り作品には全て、短評を添える予定です。さらに、例年通りの番外編「09年度/アニメ映画・ベスト10」も発表いたします。そちらは初公表となります。勿論、全ての選出作に短評付きです。もう少しだけ、お待ちください。まぁ、あまり待ち望んでいる方はいないと思うので、先日発表になった「キネマ旬報・ベスト10」をご覧になりながら、思いを馳せるほうが吉ですぜ。ちなみに、洋画・邦画の1位は予想通り、「グラン・トリノ」「ディア・ドクター」でした。この二本を観ずして、09年は語れまい。是非一見をば。ちなみに「グラン・トリノ」DVDはamazon価格で定価の75%OFF 、990円也!! ふ、不埒な……! もうこれは買うしかないね。きゃっふい! 


【鬼が来た!】

・只今、パワプロ9の六本木優希を主役にした「鬼がいる!」の執筆を再開しています。というか、今年の二次創作はこれ1本で頑張ろうと思います。最近になって、沸々と納得のいく展開が出てきて、もう脳内では処理出来なくなっています。なかなか長い作品になると思います。そして、書き上がり次第、本作「鬼がいる!」を最後に、パワプロSSから引退する所存です。もう私は、全国の六本木ファンに喧嘩を売る!(笑) それ相応の覚悟が無ければ、書き上げられないです。無論、魔が差して、当該作以外の作品が出来たら、躊躇わず公開していきますが。とにかく、「鬼がいる!」で最後にしたい。この辺境の地から、前代未聞の問題作を排出したい(誤字にあらず)。そして、ロクに日の目を見ずに、「鬼がいる!」は死んでいくのだ。だけれど、それでいい。欲は出さない。

 ただ、ただ、情念を持って書き上げたいだけなのだ。

 それでは、また、某所の掲示板にて。お楽しみに。

拍手[0回]

・タイトル通り。年明けからドドンと映画賞レースも始まる。1月上旬に発表される、というか今日か明日のいずれかの発表であろう、「第83回・キネマ旬報ベストテン&個人賞」を一気に予想してみた。別に根拠は無い。ただ何となくキネ旬の批評家が選びそうなのをそれなりに悩みながら以下に選出した。そして当年はとりわけ、邦画が不作だったことに気付く。

日本映画ベスト10(予想)

第1位:「ディア・ドクター」
第2位:「剱岳 点の記」
第3位:「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~」
第4位:「愛のむきだし」
第5位:「沈まぬ太陽」
第6位:「空気人形」
第7位:「サマーウォーズ」
第8位:「のんちゃんのり弁」
第9位:「南極料理人」
第10位:「重力ピエロ」

・邦画は全然予想がつかない。どうなることやら。次点予想で「誰も守ってくれない」「ウルトラミラクルラブストーリー」「女の子ものがたり」「フィッシュストーリー」。


外国映画ベスト10(1位以外は予想)

第1位:「グラン・トリノ」(確定)
第2位:「母なる証明」
第3位:「チェンジリング」
第4位:「ミルク」
第5位:「イングロリアス・バスターズ」
第6位:「チェイサー」
第7位:「愛を読むひと」
第8位:「レスラー」
第9位:「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
第10位:「ポー川のひかり」

・「グラン・トリノ」は200%、ベスト1確定です。というか、先日キネ旬が発表したオールタイムベスト10にランクインしている時点で予想もへったくれもありゃしない。韓国映画二本、「母なる証明」「チェイサー」も確実に入ってくるはず。次点予想で「ロルナの祈り」「レボリュショナリー・ロード/燃え尽きるまで」「フロスト×ニクソン」「スラムドッグ$ミリオネア」。


・個人賞(予想)

 日本映画 監督賞:西川 美和(ディア・ドクター)

 日本映画 脚本賞:西川 美和(ディア・ドクター) 

 日本映画 主演男優賞:浅野 忠信(ヴィヨンの妻、剱岳)
 日本映画 主演女優賞:ペ・ドゥナ(空気人形)

 日本映画 助演男優賞:香川 照之(剱岳など多数)
 日本映画 助演女優賞:八千草 薫(ディア・ドクター)

 日本映画 新人女優賞:満島 ひかり(愛のむきだし、プライド)
 日本映画 新人男優賞:西島 隆弘(愛のむきだし)

 外国映画 監督賞:クリント・イーストウッド(チェンジリング、グラン・トリノ)

・ま、こんな具合で。どうでしょう? 答え合わせが楽しみ。
 

拍手[0回]


・東京に行きたくなった。というか、三鷹市にあるジブリ美術館に行きたくなった。今年は色々とありすぎた。ブラック会社をクビにされたり、友人関係でトラブルに見舞われ死にたくなったり、人間不信になったり、眠れない日々が続いて、そのまま朝を迎えて昼夜逆転の生活をしていたり、やっとの思いで再就職するも雇用形態は正社員ではなく契約社員。それでもストレスの無い日々が続いて安心したり、ボーナスは出ないけどやっぱり今の仕事に就けて良かったなぁと思ったり、それでも先行きの見えない希望の無い日々が怖くて怖くて怖くてやっぱり不安になったり、ある日イライラして、自分の車の後ろを走っていたドライバーにとある拍子に喧嘩を売って、殴られたりしたり、これじゃいかんと尖った心を丸め、円滑な精神を取り戻そうとしたりして、俺はもう疲れた。甚だしいくらいに疲れた。癒されたい。癒し、といったらジブリだ(都合の良いさじ加減)。光速の如く、過ぎ去ろうとしている今年。最後くらい東京行って、名古屋ではまだ封切られない映画巡りして、美味いもん食って、ジブリ美術館で童心に帰りたいのだ。いいじゃないか、年末くらい。というか、去年の年末も東京に行ったけど……! 

 思い立ったが吉日。先日の火曜日に、家から徒歩30秒のローソンに仕事帰りに立ち寄り、ジブリ美術館のチケットをとうとう購入した。今からが非常に楽しみだ。これからまた、新幹線の座席を買ったり(バスはどうも苦手なので、値が張ってもコッチで行く)、ビジネスホテルの予約を取ったりでまだ準備は必要だが、気分は既に常に年末。来月の26~27日は、多分東京を放浪しているのでよろしくどうぞ。

拍手[0回]

PREV ← HOME → NEXT
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[05/19 backlink service]
[10/11 ゴズィラ@映画バカ]
[10/05 カリート]
[10/07 ゴズィラ]
[10/07 青龍]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ゴズィラ
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1987/05/20
職業:
物流関係。(フォークリフト全般に乗れます)
趣味:
映画鑑賞(特にミニシアター系)・小説執筆・漫画収集
自己紹介:
 将来の夢は、土曜日の昼下がりに映画館の窓口に座り、ちょっと万人受けしないアート系映画を「俺、こんな映画だって見ちゃうんだぜ」とドヤ顔を浮かべながら、「一般、一枚」と言ってくる勘違い野郎をひたすら鼻で笑いながら、「ハン! 何が一般一枚だ。どうせ、金曜日の夕刊の広告に載っていたやつからソレっぽいもんを選んで慌てて観に来たくせに偉そうなツラしやがって。……前売り買って出直してこい!」と、罵りながら、少しでもお手軽に映画をご覧になって頂こうという明瞭快活なポリシーを以ってして、たくましく接客をすることです。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH